アンドロイドは電飾羊の夢を見るか?
模型作るよ!電飾するよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電飾使ってダイオラマを作ってみよう USBポート電源を使用してみる。 その2 3.3V/500mA安定化電源を作ってみる。
えーー相当間が空きましたね(汗

さて、そろそろ3.3V電源を作って行きたいと思います。

先日のブログで、5VのUSB電源使うのがいいよーんと書きました。

で、5Vの電源を直LEDに接続するのもありだと思います。
LEDには制限用の抵抗なり入れて計算してもらい5Vで使うのもありだと思います。

とはいえ、ブログのネタ用にはつまらない(即死)ので
家庭用電源=>USBで5V その後にLEDを照らすのに最適であろう3.3V電源を作ります。

で、回路図はってーと こちら!

circit.png

まぁざっくりとこんな感じ。
VCCのラインにある 矢印付の抵抗は何?答えはレギュレーター
(回路図の表示上、違うと言われればそーなんですけど、面倒なのでコレで)
今回のブログで説明する肝であるレギュレーターについて説明していきます。

レギューレーターってのは、 英語で書くと「regulator」
日本語訳では「調節装置」という意味になります。
得てして、電子回路の設計では「安定化電源」と言う意味で使われます。
どういうことかと言うと、例えば、入力電圧が3-12Vと範囲があっても
レギュレーターの出力は、1.8Vと一定だとか、電池など使用していて
電池がMAX4.5Vだけど電池がへたって来たら3Vになってしまうと
でも、レギュレーターを接続しておけば1.8Vを、安定して出力できる。。。。っと。
電池がへたって来たら、LEDの光の強さが変わるけどレギュレーターを通せば
安定してLEDの光の強さも変化は無いよと言ったものです。

よく自作PCとかで、電源電圧の設定で、1.8Vとか、1.85Vとかの設定があると思いますがコレですね。

ちといったんまとめます。

レギュレーターを使うメリットは
① 電池などを使用して入力電圧の変動があっても大丈夫。
② 得てしてレギュレーターには、過電流防止回路など入っており、出力がショートしても(少し)安心。
③ ①のように電圧変動を考えなくてよくなるので、回路設計がしやすくなる。


です。

と言うことで次回からレギュレーターの細部を説明していきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://capuleprayer1.blog.fc2.com/tb.php/38-37798b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。