アンドロイドは電飾羊の夢を見るか?
模型作るよ!電飾するよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電飾使ってダイオラマを作ってみよう その2(上の巻) 電源を考える(USBポート電源を使用してみる。
さて、色々言ったことを守ってないわ、延々ブログエントリーしてないわでごめんなさい。

で、ファレフォについて書くと前回書きましたが、今回は電飾ダイオラマシリーズその2
をお送りします。

なにかってーと電源です。

今まで、本ブログでは、電源は乾電池を使ってきました。
でも、今回は家庭用電源から電源を供給する方法をエントリーします。
乾電池・家庭用電源のメリット・ディメリットを各々あげていきます。

<乾電池>
メリット
・簡単、安全
ディメリット
・電池の電圧低下、乾電池を模型に内蔵した場合の作業、使用できる電流値が少ない。

かな。と思います。

<家庭用電源>
メリット
・電圧が一定、電池を内蔵させる必要ない。、大容量(電流が)。安定性
ディメリット
・危険がある(感電など)、ある程度知識が必要

こんなところかと思います。
乾電池で展示会に出したはいいものの、展示会に出してたらいつの間にか消えてた。。。とか、
どんどん光の明るさが自分の意図と違ってきたなどもあるかとは思います。
ただ、乾電池を使っている以上どうしようもないのも事実で。。。
それになかなか大容量の電流を流したい場合などは難しいことも多いのも事実です。


と言う事で、お手軽に家庭用電源から電源を供給する方法を考えましょうってのが
今回のお題です。(3回に分けてブログに書きます。

ただし先に注意事項として

※ 少なからずAC電源を使うので危険性はあります。
※ 危険性があることを理解されたうえで自己責任行ってください。


んじゃぁ、一番手軽な電源はなんじゃらほい?ってなると、
USBポート になります。

皆さん、PCとかでよくお使いのUSBポートです。
最近だとiphone、スマホでもUSBケーブルから充電してたりしますよね。それです。
usb1394_01_l.jpg


じゃぁ、USBでどうやって ってところから話を進めていきたいと思います。

次回へ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://capuleprayer1.blog.fc2.com/tb.php/34-5880be17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。