アンドロイドは電飾羊の夢を見るか?
模型作るよ!電飾するよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEDをつけるときの失敗事例と理由と対策 その3
時間が空いて申し訳ないです。
LEDが壊れる失敗事例その3です。

その1:過電圧による熱暴走
その2:ESD(electorostatic discharge)

とついでに
その3ラッシュ電流による破壊(2の派生ですが。。。


このラッシュ電流による破壊つーのを取り上げます。
ラッシュ電流って何?

理論計算ですが、例えば、1.5Vの電池があり、電池の+と-をくっつけたら
どうなるのでしょう?(※内部インピーダンス(内部抵抗値)を無視できる場合

答え:無限大の電流が流れる。
になります。
例えば、電池の間に1Ωの抵抗をつけたとしても
オームの法則で V=IR 1.5V=I*1 だとしたら 1.5Aの電流が流れます。
LEDを点燈させるための電流が、0.02(20m)A程度と考えれば、相当な電流量ですよね。
コレがLEDを破壊させるのです。
どういうことかと言うと、

電池=> LED と繋いだ場合、電池とLED間に抵抗が無ければ、瞬時に
電流が流れます。
たとえると、ダムの放水を、ちょろちょろ流すのではなく、ダム自身を破壊したら
一気に水が流れますよね。そういった状態です。

この際、LEDに対し、相当な負荷をかけてしまいますので、LEDが壊れる原因となります。
ただ、今までと同様にLEDの手前に抵抗を入れれば、回避できます。
抵抗で電流値が決まりますから、1.5V乾電池の先に100Ωの抵抗を入れれば
15mAとなりますから、これではLEDは壊れません。

つまり、今までと同様に
少しでも抵抗をLEDの手前につけましょう。

コレになるんです。前回、前々回同様。

抵抗があれば、ラッシュによる電流も軽減できます。
結局は抵抗入れるのが、楽ですしベストなのです。

後LEDが壊れる原因は、熱と逆ざしなのですが、まぁコレは既知かと思いますので割愛。

スポンサーサイト
システマ西宮 トレーニング内容 11月13日
システマ西宮本日のトレーニング内容です。
例によって例の如く、以下省略。
15分遅れで入ったため、最初のパートは省略します。

1.2人組。一人があおむけで寝て、もう一人が、胸・腹に足を乗せて
  スクワット。お互い緊張しない事。
2.足上げ。2人組で、一人が足上げを行う時に手で押さえて
  負荷をかける。  足が垂直になるまで負荷をかける。
  また足をおろす場合に負荷をかける。
  負荷をかける人は相手の動きを見て、足上げが何とかできる程度
  の負荷を。足を上げるほうは、リラックスと呼吸を忘れずに。
3.コネクトワーク。
  2人組。 片方がもう片方の手首を、しっかり握り、握られた方は、
  相手との  コネクトを感じながら、相手を崩していく。
  相手とのつながりをきちんと感じる事(コレが難しいんですが。
4.コネクトワーク。
  2人組。3の応用。相手が決めようとしてきた所で、コネクトして
  相手を崩す(字で書くとあっさり過ぎるな。。。
5.コネクトワーク
  4の応用。2人組。一人が腕間接を決めてしまってから。
  そこからコネクトを使い相手を崩す。
6.2人組
  相手の重心の中心をプッシュしていく。やれらるほうは押される力を
  避けながら。但し、無理に踏ん張るのではなく、崩れそうであれば
  一歩下がる。
7.2人組
  6の応用。一人がストライクを行い、受けた力+ちょっと力を加えて
  相手に返す。
8.円座・終了。

先週のワークでポカーン状態だったのですが今日やり直したら
おぼろげながらつかめる所がありました。
また、コネクトワークの一面である「小で大を動かす」という部分も
おぼろげながら理解できたかと思います。
全てに対してボヤーンですが。ほんと あぁこんな感じ。
コネクト出来ている時、出来ていない時の差はほんの少し感覚として見えました。
自分の場合(あくまで自分の場合ですよ)、スーッと体感的に相手の姿が
見えてくるイメージが出来ます(すっごい解像度は低いんですが。
この感覚は、確かに「あぁつながった」って解るんだけど説明はむーりー。
んで、やっぱりこういうワークは対人で無いと身につかないですね。

システマ西宮 トレーニング内容 11月4日
システマ西宮本日のトレーニング内容です。

1.ウォーキング。一歩で吸って、一歩で吐いて、二歩で吸って、二歩で吐いてと
  歩数を増やしていく。
  この時に、腰に手をやり、通常歩く場合に動く部分をリラックスさせ
  動いてしまう腰のスジをなるべく動かないように歩く。
2.1の途中で合図と共に地面に伏せる。伏せるときに、リラックスして
  地面と衝突するのではなく、柔らかくすばやく下りていく。
3.1,2の延長でローリングを行う。体幹で引っかかる部分が無いか。
  ゆっくりと、自分の体のどの部分に緊張が走っているか確認をしながら。
4.2人組で、向き合う。合図と共に2と同様に地面に伏せる。
  地面に伏せるのは仰向け、横向けもあり。
  向き合う事で、お互いが気になり緊張が生まれるがその部分を呼吸で抜きながら。
5.2人組。ナイフのキャッチボールを行う。キャッチボール時に
  お互いのコネクト感を大事にする。また常に動きながらナイフをキャッチする。
  腕を伸ばしてたり、がっちり足を固めてナイフを取るのではなく
  常に動きながら、動きの途中でリラックスしながらナイフを取る。
  また、投げる場合も、相手とのコネクト感を大事にしながら投げる。
6.5を4人1ナイフで行う。(今回は8人だったので皆で入り乱れながらナイフの
  キャッチボールを行う。)
7.体幹運動。ねっころがり、手足を使わず、動く。
  片方の肩に重心を入れて、腰を動かし移動していく。うつぶせ・仰向け共に
  足を使わず腰の動きだけで移動する。
8.7の応用で、腰の動きを使ってローリング。
9.2人組で。一人が立ち、その周りをもう一人が回る。
  回る際に、相手に意識を向ける。殺気をはらますくらいに向ける。回るだけ。
  と色々行い、立っているほうは、相手とのコネクトを感じる。
  どういった際に、どういうコネクト、どういう体の動きを感じるかを確かめる。
10.2人組。一人が腕(指)の関節を決め、決められたほうは、相手の動きを
   感じながら相手の力のベクトルを尊重し、相手の緊張を感じながら
   相手を崩していく。
11.プッシュアップ。 背中を伸ばし、手と足にかかる力を同じ配分に出来たら
   プッシュアップを行う。その際に一番手がプルプルするところで
   プッシュアップを止めて、バーストブリージングでリラックスする。
   スクワット、腹筋も同様。
12.円座・終了。

先週と同様に、頭が混乱してます。。。混乱しすぎて考えるのよしたいほどに。。w
つっても、考える事・考察する事はセパレートしたほうが良いとは思うんですけどね。
自分の場合、相手とのコネクト感は繋がってないと中々感じれないですね。。。
つながってても難しいのにw
多分、全てにおいて「ちょい」足らないので、全部が足らない状態なのかなぁっと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。