アンドロイドは電飾羊の夢を見るか?
模型作るよ!電飾するよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電飾使ってダイオラマを作ってみよう USBポート電源を使用してみる。 その2 3.3V/500mA安定化電源を作ってみる。
えーー相当間が空きましたね(汗

さて、そろそろ3.3V電源を作って行きたいと思います。

先日のブログで、5VのUSB電源使うのがいいよーんと書きました。

で、5Vの電源を直LEDに接続するのもありだと思います。
LEDには制限用の抵抗なり入れて計算してもらい5Vで使うのもありだと思います。

とはいえ、ブログのネタ用にはつまらない(即死)ので
家庭用電源=>USBで5V その後にLEDを照らすのに最適であろう3.3V電源を作ります。

で、回路図はってーと こちら!

circit.png

まぁざっくりとこんな感じ。
VCCのラインにある 矢印付の抵抗は何?答えはレギュレーター
(回路図の表示上、違うと言われればそーなんですけど、面倒なのでコレで)
今回のブログで説明する肝であるレギュレーターについて説明していきます。

レギューレーターってのは、 英語で書くと「regulator」
日本語訳では「調節装置」という意味になります。
得てして、電子回路の設計では「安定化電源」と言う意味で使われます。
どういうことかと言うと、例えば、入力電圧が3-12Vと範囲があっても
レギュレーターの出力は、1.8Vと一定だとか、電池など使用していて
電池がMAX4.5Vだけど電池がへたって来たら3Vになってしまうと
でも、レギュレーターを接続しておけば1.8Vを、安定して出力できる。。。。っと。
電池がへたって来たら、LEDの光の強さが変わるけどレギュレーターを通せば
安定してLEDの光の強さも変化は無いよと言ったものです。

よく自作PCとかで、電源電圧の設定で、1.8Vとか、1.85Vとかの設定があると思いますがコレですね。

ちといったんまとめます。

レギュレーターを使うメリットは
① 電池などを使用して入力電圧の変動があっても大丈夫。
② 得てしてレギュレーターには、過電流防止回路など入っており、出力がショートしても(少し)安心。
③ ①のように電圧変動を考えなくてよくなるので、回路設計がしやすくなる。


です。

と言うことで次回からレギュレーターの細部を説明していきます。

スポンサーサイト
ファレフォについて その3 エアブラシについて
えーーーー 長らくブログ停止しててごめんなさいー(汗

そんなわけで、引き続きファレフォについて(電飾の話してないなぁ。。。w
今回の話は、忘備禄に近いネタです。

ファレフォのメリット・ディメリットを再度書きます(追加有
<メリット>
・メリット
・水性にしては発色がいい。
・隠ぺい率の高さ
・塗料として伸びの良さ(筆塗りのしやすさ
・安全性&環境に気を配らなくてもよい。
・ほかの日本製塗料に比べ、乾燥が早い。

ディメリット
・被膜が弱い。
・お値段高い(お一つ300円
・売ってる箇所が限定される。(ボークスのみですね。
・乾燥後、結構色が変わる、明るくなる。(追加
・塗料を使うのにコツがいる(特にエアブラシ


赤字のコツという部分にフォーカスを当てていきたいと思います。

ファレフォは、どの種類(Air,GAME)であろうとも
エアブラシは噴けます。

ただし、慣れるのにコツが良いります。

油性アクリル(クレオス・ガイア)のように、さっさかとふけるわけではございません(泣

そのコツとは、下記3点
①:塗料をよく混ぜる。
②:個人的にはエアブラシクリーナーお勧め。
③:あらかじめエアブアシをエアブラシクリーナーでから噴きを行う。

かと思います。いろいろやった限りで。

では、詳細をば。

①:塗料をよく混ぜる。
よく混ぜる。って書きましたけど、どれ位かってと、
おもっくそ混ぜます。
お勧めはクレオスから出てる撹拌球。
これをケースの中に入れて、バーデンダーが引くくらい振ります。
振らんと、混ざりません。

どれくらいなら良いのかってーのを試しながらやった結果。
・皿に塗料を出し、1分後に分離しなければOK(ぇ

分離したらまず間違いなくエアブラシの中でボソボソになって詰まります(泣
こうなるとメンテが大変です(血涙

とりあえず、玉入れておもっくそ振ったら混ざってくれてエアブラシでも噴きやすくなりました(汗

②:個人的にはエアブラシクリーナーお勧め。
ガイアのシンナー、蒸留水など試してみたのですがやっぱりエアブラシクリーナーが良いみたい。
まぁよく振ればガイアのシンナーでもダマになったりぼつぼつになったりはないけどさ。

③:あらかじめエアブアシをエアブラシクリーナーでから噴きを行う。
これが結構効果があった。
何かというと、ファレフォは乾燥が早いので、エアブラシで吹いている最中でも
硬化が始まり、エアブラシで吹いていると大体10分くらいが限度になります。
が、リンス効果(表面活性剤が入ってる?)あるのか、エアブラシクリーナーを
最初に軽くふいておくと、心持ち限度があとに行きます。

まあ心持ち位なんですが。
ほぼファレフォのエアブラシで仕上げてる作品がこちら。
IMG_0444_R.jpg

未完成ですが。。。

そんなわけでファレフォについてだらだらと書いてみました。
何かありましたら、ツイッターにて質問など頂けましたら。

で、今回のネタに関しては Kilroy was Here氏に教えていただいた事が多いです。
http://kpn.sakura.ne.jp/archives/2281
多謝・多謝。

次回は戻るぞ、電子工作に(倒置法
ファレフォについて というか水性塗料の被膜強さについて
えーっともうね。
電子工作そっちのけだわ、ファレフォについてなんも書いてないわでごめんなさい。
仕事が忙しいの!(言い訳

さて、前回に引き続き水性塗料について書いていきます。

現在 日本国内で流通している(まだ)入手しやすい水性塗料は以下の通りかと思います。
で、個人的印象(あくまで個人的ですよ!)は大体こんな感じ

      発色   きめ細やかさ 被膜の強さ 隠蔽率
クレオス  今一   そこそこ   そこそこ  低い
田宮    そこそこ 荒い     そこそこ  普通
ファレフォ 良い   細やか    弱い    高い
シデダル  良い   荒い     強い    高い

こんな感じかと。
メリットディメリットいろいろあると思います。
ついでに言うと、ファレフォ、シデダルは入手が難しかったりするし。

で、被膜の強さについて一度実験してみました。
ファレフォの被膜の弱さに悩んでいた時、実験比較しながら対策がないかと
検討してたのです。

写真 12-07-04 0 06 05_R
こんな感じでいろいろ並べてみます。
・ファレフォ(のみ) ・ファレフォ+シンナー ・田宮アクリル ・ファレフォ+ガイアのラッカー用シンナー
・ファレフォ+精製水 ・シデダル ・クレオス水性 ・ファレフォ+エアブラシクリナー

プラバンの上に色々色を乗っけていきます。この際にプラバンは袋から出した状態。
(手の油とかついていない

で、やり方ですけど、乾燥後にこんな感じで
写真 12-07-04 0 08 57_R
爪楊枝で軽くひっかいていきます。この際に、どれだけはがれるか見ていきます。
また、マスキングテープに耐えられるかも見ていきます。
写真 12-07-04 0 05 13_R

被膜の耐久性はっていうと。。。
写真 12-07-04 0 10 12_R
以外なんですけど、クレオスの被膜は強かったんですよ。。。びっくり。
シデダルは、安定した強さ。ちょっとやそっとでは、全然びくともしません。
逆に田宮はそこまで強いわけではありませんでした。

ファレフォの弱さは格別で、シンナーなしだとどうしようもない。
かるーーーく、爪楊枝でなぞっただけでもさくさくっと塗装が剥げます。。。

まぁ、神戸展示会で吉岡さんに教わったファレフォチッピングは、この被膜弱さを
ストロングポイントとして使うわけですが。。。

ただ、シンナーを加えると田宮並に強くなります。以上まではいかないけど。。。

つ事で、ファレフォを使うときは”シンナーを欠かさず数滴入れましょう!”
って事ですな。
で、ファレフォの被膜強さを引き出すには?と他のマテリアルも試してみたのですが。。。
たとえば、ラッカー系のシンナーとか、はたまたリモネンの接着剤まで。
ファレフォシンナー以上のものはなさそうです。
(あったら教えてくださいー。

あ、マスキングテープへの強さはどれも同じでした。取りあえずははがれませんでした。(上の絵より

つ事で、また次回。
ファレフォについて その1
WFも終わり、迫りくる仕事の悩みにどう付き合っていくか
苦悶している、かぷうるさんです。こんばんわ。

さて。

電子工作をつらつらと書いてますけど、塗装についても
書きたいと思います。

前々から書いてますが、諸事情より油性アクリル塗料(いわゆるラッカー塗料)が
うちはつかえないので、ファレフォをメインで使っています。

この辺はファレフォで仕上げた作品群です。
IMG_4418.jpg
IMG_3892.jpg

IMG_4886_R.jpg
写真 12-08-17 8 45 31_R


IMG_01612.jpg
なぜか、横向きになる。。。なんでや。。。

個人的に感じた、ファレフォのメリット・ディメリットを書いていきます。

メリット
・水性にしては発色がいい。
・隠ぺい率の高さ
・塗料として伸びの良さ(筆塗りのしやすさ
・安全性&環境に気を配らなくてもよい。

この辺かと思います。
特に、安全性に関しては大きいですよね。うちも子供がいるので
どうしても、ラッカー塗料は使いづらいのですよ。
とは言っても、国内のクレオス・田宮は、使いづらい。
(クレオスは、乾燥しなさ、田宮は粒子の粗さが。。。)
と言う事で、ファレフォをメインに使ってます。
乾燥速度、発色の良さは、他の水性に比べ良いです。

ディメリット
・被膜が弱い。
・お値段高い(お一つ300円
・売ってる箇所が限定される。(ボークスのみですね。
・塗料を使うのにコツがいる(特にエアブラシ

ディメリットは、流通形態とお値段はほーーーんと厳しい。
梅田にボークス出来てくれないかなぁ。。。イヤホント。。。

他の、塗料が200円しない程度だけど、ファレフォは300円。。。
被膜の弱さも最初使ったときに、エェェェェ!!!って
なるくらいの弱さでした。
(これに関しては、いろいろ実験したのでその結果をまた別途ブログで書きます。

とは言いつつも、ディメリットはあるもののそこは
改善できたので、ファレフォをメインに使おうと決めました。

やっぱり、家族の理解があっての趣味です。
家族を犠牲にしてまで趣味としてできませんから。
無論ラッカー系を使えるならこしたことはないんでしょうが。
まぁ、そこを色々と画策するのも面白いしね。

ファレフォに関しては次回耐久性実験など、ディメリットを打ち消す方法などを
つらつらと書いていきます。


電飾使ってダイオラマを作ってみよう その2(上の巻) 電源を考える(USBポート電源を使用してみる。
さて、色々言ったことを守ってないわ、延々ブログエントリーしてないわでごめんなさい。

で、ファレフォについて書くと前回書きましたが、今回は電飾ダイオラマシリーズその2
をお送りします。

なにかってーと電源です。

今まで、本ブログでは、電源は乾電池を使ってきました。
でも、今回は家庭用電源から電源を供給する方法をエントリーします。
乾電池・家庭用電源のメリット・ディメリットを各々あげていきます。

<乾電池>
メリット
・簡単、安全
ディメリット
・電池の電圧低下、乾電池を模型に内蔵した場合の作業、使用できる電流値が少ない。

かな。と思います。

<家庭用電源>
メリット
・電圧が一定、電池を内蔵させる必要ない。、大容量(電流が)。安定性
ディメリット
・危険がある(感電など)、ある程度知識が必要

こんなところかと思います。
乾電池で展示会に出したはいいものの、展示会に出してたらいつの間にか消えてた。。。とか、
どんどん光の明るさが自分の意図と違ってきたなどもあるかとは思います。
ただ、乾電池を使っている以上どうしようもないのも事実で。。。
それになかなか大容量の電流を流したい場合などは難しいことも多いのも事実です。


と言う事で、お手軽に家庭用電源から電源を供給する方法を考えましょうってのが
今回のお題です。(3回に分けてブログに書きます。

ただし先に注意事項として

※ 少なからずAC電源を使うので危険性はあります。
※ 危険性があることを理解されたうえで自己責任行ってください。


んじゃぁ、一番手軽な電源はなんじゃらほい?ってなると、
USBポート になります。

皆さん、PCとかでよくお使いのUSBポートです。
最近だとiphone、スマホでもUSBケーブルから充電してたりしますよね。それです。
usb1394_01_l.jpg


じゃぁ、USBでどうやって ってところから話を進めていきたいと思います。

次回へ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。